スーパーエコごはん研究家・桃世真弓のエコごはんはじめました

スーパーエコごはんとは、究極のおうちごはん!本当に必要な作業だけで、簡単で美味しい!さらにお財布にも優しいごはんをご紹介しています!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
カテゴリー  【   Lバターとマーガリン。 】

【食材の話】 バターとマーガリン。


注意先に言っておきます、結構重い内容です注意

では、行ってみましょ。


バターマーガリン、違いは『動物性』『植物性』です。


イメージとしては、『植物性油』を原料としたマーガリンの方が、『動物性脂肪』を原料としたバターより体にいいと思っていませんか?


でも、案外違ってたりして。

近年、マーガリンの成分についていろいろな事がわかってきて、バターが見直されてきているんです。


マーガリン液体の植物油脂を、化学処理(水素添加)で固体化させて、酸化しにくいように安定性を高めて生まれたもの。安価。


バター動物性脂肪が原料。自然界にある脂肪で作られている。お値段は、マーガリンより高め。


この、マーガリンなどの製油法の過程で生じるのが『トランス脂肪酸』

バターにも、『トランス脂肪酸』は含まれます。

バターは、牛などの反芻胃などで作られています。


トランス脂肪酸違い

マーガリン人工的なもの

バター自然のもの


トランス脂肪酸が、影響しているといわれている事を少し紹介です。

・血中の悪玉菌コレステロールの増加。

・善玉菌コレステロールの減少。

・大量摂取→動脈硬化・心筋梗塞のリスク上昇。

・アトピー・喘息・認知症の発生率増加。

        ・・・など、研究結果もあるようです。

・ほかに、外国ではトランス脂肪酸の量の表示義務や、制限が決められているようです。


一見植物性だから、体に優しいと思っていたマーガリンは、化学処理され作られていたもの

だから、常温で長期置いても、カビも生えないし、腐らない。


※詳しく知りたい方は、検索してみてください。

実際、こんな説明じゃ、伝わらないと思いますので。


全く摂取してはいけないという事ではありません、どんなものが含まれているか知識を入れておくのも必要です。

日本ではまだ表示義務などは無かったと思います。

自分の体を守るのは、自分です。


必要な栄養素、天然の油を上手に取りたいですね。

・・・難しいですけど。


今日は、偉そうにすみませんでした。

しかも、専門家ではないので、話もまとまっていないし・・・。

間違っていたらすみません。

あくまで個人的な見方なので、お許しくださいませ。


とにかく何事も、過剰摂取はいけません。

ということで、よろしくお願いします。



~今日の一言~

伝えるって難しい・・・。


スポンサーサイト